DatePicker

DatePicker

「DatePicker」は日付を選択するのにモバイルでは一般的なやり方です。
今回は、日付、時間それぞれの設定方法についてみていきます。

DatePicker

「DatePicker」は日付を選択するモーダルを表示します。

class _ChangeFormState extends State<ChangeForm> {

  DateTime _date = new DateTime.now();

  Future<Null> _selectDate(BuildContext context) async {
    final DateTime picked = await showDatePicker(
        context: context,
        initialDate: _date,
        firstDate: new DateTime(2016),
        lastDate: new DateTime.now().add(new Duration(days: 360))
    );
    if(picked != null) setState(() => _date = picked);
  }

  Widget build(BuildContext context) {
    return Container(
        padding: const EdgeInsets.all(50.0),
        child: Column(
          children: <Widget>[
            Center(child:Text("${_date}")),
            new RaisedButton(onPressed: () => _selectDate(context), child: new Text('日付選択'),)
          ],
        )
    );
  }
}

DatePicker

  • contextには、モーダル表示のためにBuildContextを渡してください。
  • initialDateは、最初に表示する初期の日付になります。
  • firstDateは、表示できる最小日付です。
  • lastDateは、表示できる最大日付です。

initialDatefirstDateからlastDateの範囲内の日付である必要があるので注意してください。

DateTimePicker

「DateTimePicker」は時間を選択するモーダルを表示します。

class _ChangeFormState extends State<ChangeForm> {

  TimeOfDay _time = new TimeOfDay.now();

  Future<Null> _selectTime(BuildContext context) async {
    final TimeOfDay picked = await showTimePicker(
        context: context,
        initialTime: _time,
    );
    if(picked != null) setState(() => _time = picked);
  }

  Widget build(BuildContext context) {
    return Container(
        padding: const EdgeInsets.all(50.0),
        child: Column(
          children: <Widget>[
            Center(child:Text("${_time}")),
            new RaisedButton(onPressed: () => _selectTime(context), child: new Text('時間選択'),)
          ],
        )
    );
  }
}

DateTimePicker

  • contextには、モーダル表示のためにBuildContextを渡してください。
  • initialDateは、最初に表示する初期の時刻になります。